吉宗ものしり帖



吉宗ものしり帖

宝永2年(1705)10月6日22才で藩主となりました

この年、将軍綱吉から「吉」の一字をもらい吉宗と名乗りました

正徳6年(1716)将軍となる 33才

 

 


開運 吉宗の修理した本尊

精神 吉宗寄進の香呂

 墓石に墓碑銘が刻まれていない?

 吉宗の母親の墓は破壊された

ふるさと 吉宗桜

 

開運の寺、長保寺

長保寺の本尊釈迦如来は、吉宗が藩主の時に修理されました
その二年後に吉宗は将軍になったのです

紀州が生んだ将軍・吉宗とは、 かくなる人物でござる。

徳川吉宗像 徳川記念財団所蔵
徳川吉宗像 徳川記念財団所蔵

 

紀州藩主から、江戸暮府中興の立役者となった八代将軍徳川吉宗。

その波瀾に満ちた人生は、深い興味を誘います。

吉宗の生き方が再び注目され始めている今日、 彼にまつわる幾つかの出来事を通して、 そのユニークな人物像に迫ってみましょう。

 

二代藩主光貞の四男坊。 五歳までは、家臣の家で 育てられる?

吉宗は、貞享元年(1684)十月、徳川 御三家のひとつ紀州藩の二代藩主・光貞の四男 として生まれました。母はお由利の方という女 性だったと伝えられています。生まれるとすぐに 吉宗は、岡の宮(刺田比古神社)の神主の手を経 て、家臣である加納五郎左衛門の屋敷へ送り届 けられました。この屋敷で吉宗は五歳まで育て られたといわれています。立場の弱い、部屋住み の四男坊。しかし数々の運命と吉宗自身の才覚 が、八代将軍への道を開いたのです。

吉宗の母親の墓は破壊されて、今はありません。

 

大人たちを驚かせた、 数字に明るい、いたずらっ子。

これは吉宗が六歳の時のエピソード。二の丸 大奥に通じる廊下の障子に、指で穴をあけるい たずらをしたそうです。その後、職人が修理に必 要な紙の量を見積もっていると、どこからか吉宗 (幼名源六)が出てきて「紙は五帖で足りるぞ」 と言ったとか。実際その通りで、驚いた職人がた ずねると、「簡単なこと。あげた穴の数を覚えて おいただけ」と答えたそうです。後年、経済政策 などで驚くほどの数字への強さをみせた吉宗ら しい逸話といえるでしょう。

 

身長180㎝を超える大男。 勇猛なエビソードは数知れず。

吉宗は身長が六尺(約180センチ)を超え る大男で、色が黒く、力持ちだったといわれてい紀州安藤邸相撲の図  ます。それにまつわる逸話もいろいろあって—。 相撲好きの父・光貞に命じられ、力士と対戦し て勝ってしまった話。狩りに出た時、手負いの大 猪が突っ込んできたところ、鉄砲の台尻で一撃の もと打ちのめした話。将軍になってからも、鷹狩 りで逃げる鶴を追って2㎞も全力疾走したあ と、高くジャンプして空中の獲物をつかまえた話 などなど。まさに”暴れん坊”の名にふさわしい 人物だったようですね。

 

儒学や和歌より、もっぱら 法律や算術などに興味を示す。

儒学や和歌より、もっぱら 法律や算術などに興味を示す。 剛勇なキャラ クターで知られ る測量台の図 吉宗ですが、 学問の面でも、 法律をはじめ算 術や天文、地理 などに大い豊干禅師図 に興 味を示したよう です。このことは 井沢弥惣兵衛や 大畑才蔵らに命 じて大規模な水 利事業や新田開 発を行わせるこ とによって、藩財 政再建の第一歩 としたことから も伺えます。し かし儒学や和歌 など、いわゆ る教養のた めの学問に はあまり関 心を示さず、 後に、和歌 においては最 も無骨と評 される藤崎井絵図ほどで した。

 

「一汁三菜」の倹約で、 武土の精神を引き締める。

吉宗が藩主になった頃(宝永二年、1705)、武士たちの生活は派 手だったようです。そこで吉宗は、藩主自ら先頭 に立って倹約を推し進めました。着物は木綿、食 事は朝夕の二回とし、献立も「一汁三菜」としま した。この質素倹約と武芸の奨励によって、武士 たちの精神を引き締めたのです。

 

人々の意見に直接耳を傾けようと、 「目安箱」を設置する。

将軍となった吉宗は(正徳六年、1716)、幕府の立て直しを図る ため「享保の改革」を推進しますが、中でも善銅製香炉政と して知られるのが「目安箱」の設置です。「目安」 とは訴状のことで、政治、経済から暮らしに関する ことまで、幕府に対する要望や不満を、人々に 直訴させるというものでした。目安箱には鍵が かけられ、吉宗みずからが開封したそうです。こう した画期的な制度も、吉宗が紀州藩主だった頃、 和歌山城の一 ノ橋門外に置 いた「訴訟箱」 がルーツといわ れています。 形式主義を 嫌い、正しい意 見には素直に 耳を傾ける吉 宗の考え方は 藩主から将軍 になっても変 わりませんで した。

目安箱の鍵

 

目安箱への投書をきっかけに、 「小石川養生所」を開設。

吉宗はまた、人々のための無料療養施設とし て「小石川養生所」を設立しました。そのきっか けとなったのは、目安箱に入れられた一通の意 見書でした。投書したのは、小石川伝通院前で 町医者を開業していた小川笙船という人。「貧 しい人や身寄りのない人のために病院を」という 声に、吉宗はさっそく応じたのでした。養生所で は、診療費、食費などはすべて無料で、衣類も支 給されました。そのため利用者は年を追って増 え、開設当初は40名だった定員も、のちに117名に増員されるほどでした。

 

優れた才覚を見込んで、 大岡忠相を江戸町奉行に抜てき。

将軍吉宗は積極的に多くの人材を登用しま したが、中でも最も有名なのは「大岡越前守忠相」でしょう。テレビや映画などでお馴染みの人 物ですが、山田町奉行(伊勢・志摩)時代に吉宗 に見込まれ、江戸に戻り御普請奉行を務めたあ と、江戸町奉行に任命されました。その時、41 歳。町奉行のほとんどが60歳過ぎの者だった当 時、それは大抜てきといえるものでした。それも 彼の能力が極めて高かったためで、享保の改革で は、吉宗に率直に意見を述べ、江戸城下の防火 対策や経済対策など、実務面で大いに活躍しま した。

山田奉行所記念館

山田奉行所と大岡越前守

 

藩主・吉宗は、 どんな生活をしていた?

藩主となってから吉宗は、 それまでの質素な生活を変えよう とはしませんでした。 羽織も下着も木綿 を着用し食事も以前と同じ。 料理には高価な「初物」では なく、風味も栄養価も高いことから、 必す「旬」のものを使うように命じました。 藩主自らガ倹約を率先することで、従来の贅沢 な気風を改善しようとしたのでしよう。

  


将軍家・紀州徳川家系図

 

徳川吉宗略年表

  

 紀伊徳川家系譜

 

徳川吉宗書状     徳川吉宗黒印状     


 

 

吉宗時代の和歌山。この国では 人と自然が何よりの自慢でござる。

温暖な気候と豊かな自然、そして雄大な黒潮の海に恵まれた紀州では、昔からミカンや醤油などの伝統産業が 盛んでした。また大坂と江戸を結ぶ海路の中間点としても、大きな役割を果たしていました。徳川御三家として、 幕府内でも重要な位置にあった紀州藩の、当時の模様を眺めてみましょう。(監修/安藤精一)

 

農業支援策が徐々に実を結びはじめる。 城下町も多くの人々で活気づいていた。

この頃の、農民の暮らしはどうだったのでしょう。大畑 才蔵が記した「地方の聞書」によれば、年貢の負担が大 きく、また三年に一度は不作に見舞われていたらしく、 質素倹約に努めなければならなかったようです。しかし 吉宗が進めた新田開発や用水工事の充実により、この頃 から農業環境は徐々に改善されていきました。 町の様子をみてみましょう。城下の町割は、和歌山城 の天守閣を中心に武家屋敷を置き、商人町は主要道路 や外堀に沿って並び、職人町を反対側に配置していました。 全体的にきちんと区画整備された、美しい街並みだった と伝えられています。通りに は商品を天秤棒にかけて売 り歩く、様々な行商人の姿 がみられました。和歌山城 の北側にある寄合橋のあた りは、かつて昌平河岸と呼 ばれ、露店がずらりと並ぶ 繁華街でした。吉宗も、若い 時分には二~三人の家来を 連れて、賑わいを楽しんだと いわれています。

 

たびかさなる江戸屋敷の火事や 藩主の交代で、藩財政は火の車。

吉宗の時代、江戸の中屋敷は四度も焼失したため、そ のたびに建て直しが必要でした。ま長保寺絵図面た兄の綱教が将軍綱 吉の娘鶴姫と結婚した時や、綱吉が紀州藩中屋敷を訪 れるたびに、屋敷を新築したり調度品を新しく揃えた りしたので、これもまた大変な出費となりました。 それだけではありません。宝永二年(1705)には、 父光貞、兄綱教、頼職が相次い長保寺本尊釈迦如来台座で死去し、その葬儀にも 多大なお金がかかりました。もちろん一年おきの参勤交 代の費用も大きな負担となりました。そのほか寛文八年 (1668)には大干魃が、宝永四年(1707)には大 津波が起こるなど天災による被害も続きました。このよ うな出費がかさみ、吉宗が藩主になった頃、藩の財政は 極度な危機状態にあったようです。

墓石に墓碑銘が刻まれていない? 

現在の花見の風習は、吉宗が上野の山にソメイヨシノを植えさせたのが始まりです。
ふるさとの長保寺の桜を偲んで植えさせたのかもしれませんね。

 

豊かな紀州の風土に育まれ、 様々な伝統産業が発展する。

温暖な気候と優れた土質・水質—-。紀州藩の産 業は、その恵まれた風土によって生み出熊野捕鯨図巻・上巻されたものが多い のが特色です。代表的なのが、みかん。紀州のみかんは、他 の地方のものより味・色・香り・形どれをとっても優れ、 さらに紀州藩の保護と統制下にあったおかげで種々の特 権が与えられていました。 また日本の醤油の起源であるとされる湯浅醤油も、 藩の厚い保護のもとで発展し、その製法は全国へと伝え られました。粉河寺の門前町である粉河でも、一子相伝 の製法で酢づくりが行われていました。

 

紀州廻船などの海運をはじめ、 漁業も充実。

紀州は、経済の中心地大坂と、政治の中心地江戸を 結ぶ海上交通路の中間点として重要な役割を果してい ました。元和年間(1615~24)には、最初の紀州 廻船が誕生し、その後、酒を運ぶ樽廻船や諸荷物を運ぶ 菱垣廻船となり活躍しました。 また漁業も、イワシ漁やカツオ漁などにより、紀州漁 民は四国・九州・関東など全国に進出していきました。 そして熊野大地浦では、船団による捕鯨が盛んに行わ れ、その歴史は今に受け継がれています。

 

紀州独自の文化が育つ中から、 数々の偉人が誕生する。

近世の紀州文化を語る上で、紀州が徳川御三家のひ とつであったことは大きなポイントとなります。というの も大きな権力が認められている分、幕府に対してある程 度の独自性をもつことが可能だからです。例えば幕府が 朱子学を奨励したのに対し、紀州藩は朱子学・古義学・ 復古学までを採り入れ、独自の折衷学をつくりあげま した。そんな気風の中から、榊原篁洲や仁井田好古など の折衷学派の人物が生まれました。 また絵画においても紀州文人の活躍は目ざましく、近 世の日本文人画を語る上で、祇園南海・桑山玉洲・野呂 介石の三人は欠かせない存在となっています。吉宗も学 問を奨励し藩主就任後には、かつての住居であった伝法 屋敷に講釈所を設け、広く人々に開放しました。 そのほか自然科学の分野では大畑才蔵・井沢弥惣兵 衛が、医学の世界では世界最初の全身麻酔による手術 を成功させた華岡青洲などが輩出しました。

 


五代藩主 吉宗(よしむね)  相つぐ幸運に将軍とな

五代藩主 吉宗

吉宗の治績

吉宗を深く知る Blog

 

NHK大河ドラマ 八代将軍吉宗
NHK 八代将軍吉宗

リンク
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 徳川吉宗


参照資料

和歌山県知事公室 広報公聴課 「紀州 吉宗ものしり帖」

和歌山県立博物館  「八代将軍 吉宗と紀州徳川家」