VILLA DEL SOL


VILLA DEL SOL 

紀州徳川侯爵家が明治32年に東京・麻布飯倉に、日本で初の西洋式個人図書館「南葵文庫」として建てたもの。その後、取り壊される運命だったのを、伊豆山の旅館『蓬莱』がこの地へ移築。当時の雰囲気をそのまま守りながら、約7年もの歳月をかけて完全なかたちで復元した高級リゾートホテル。(星野リーゾトグループになりました)

入り口扉の上 三鍬形紋章 南龍公の馬印
入り口
外観
ロビー
2階レストラン
写真提供 NHK静岡放送局

古くから温泉地として知られる熱海の町。高層ホテルが立ち並ぶビーチの程近くに小さな洋館が、ひっそりと建っている。「ヴィラ・デル・ソル(太陽の館)」。もとは東京の紀州徳川家の図書館として100年以上前に建てられ、その後は神奈川県の大磯に別荘として移築された。昭和62年、取り壊される運命にあった建物を、熱海の旅館の女将によって移築され、今はレストランとして親しまれている。

地中海の別荘を思わせる白を基調とした外観。高い天井は亀甲模様が躍動感を与え、階段の手摺りやステンドグラスが上品さを漂わせている。暖炉やシャンデリアが当時のまま残され、100年以上の長い年月を物語っている。文明開化に伴って建築の分野にも西洋の波が押し寄せ、鉄やレンガ、セメントといった新しい素材が輸入されると、それに応じた新しい工法が広まっていった。大工や棟梁たちはこうした技術をいち早く吸収し、積極的に応用していった。その技術の高さは計り知れない。

図書館→別荘→レストラン。数奇な運命にも関わらず、100年以上もの長い間、2回の移築にも耐えた小さな洋館。

【数奇な運命の末に】

別荘を思わせる「小さな洋館」は、今でこそ熱海の景色に違和感なく溶け込んでいるが、ここに落ち着くまでには、数々の運命を辿ってきたのである。明治32年、欧米の視察旅行から帰国した紀州徳川家の頼倫(よりみち)侯爵は、そこで出会った図書館制度に感銘を受け、日本初の民間の図書館「南葵文庫(なんきぶんこ)」を東京の屋敷内に建てた。大正12年の関東大震災。建物は倒壊を免れたが、焼失した東大図書館にすべての書籍を寄贈し、その短い生涯を終えるはずであった。

しかしその「小さな洋館」は別荘として生まれ変わったのである。昭和8年、頼倫の息子、頼貞の別荘として神奈川県の大磯に移築された。付けられた名前が「ヴィラ・デル・ソル(太陽の館)」。英国貴族の憧れであったイタリア風の建物・田園の館「ヴィラ」にあやかって、こう命名された。

新たに生を受けた「小さな洋館」であったが、その役目は長くは続かなかった。昭和18年は人手に渡り、昭和43年にはいよいよ取り壊されることになった。終焉を迎えつつある「小さな洋館」を譲り受けたのが、熱海で旅館を経営する女将。建物が放つオーラを感じた瞬間であった。地中海を思わせる海沿いの敷地を購入し、レストラン「南葵文庫」として再び甦ったのである。

【衰えることがない建築美】

100年以上もの間、その魅力を損なうことがないのは、当時の設計、施工技術がもたらすもの。本物を見抜く優れた美的感覚の持ち主たちであった。また2度の移築にも耐え、手を加えながらも愛され続けた


 

VILLA DEL SOL(太陽の館)
徳川頼貞によって命名された洋館です
現在ホテルになっていて、先日、宿泊してきました
 
 

玄関の上のステンドグラス
南龍公の馬印の三鍬形紋がデザインされています
 
元々は、南葵文庫として明治時代に紀州徳川家によって建てられた私設図書館でした
 
 
明治6年に江戸城本丸が炎上し、明治天皇が焼け出されてしまった時に、当時紀州徳川家の上屋敷であった赤坂邸(現在東宮御所のある赤坂迎賓館一帯)を天皇家に献上し仮御所とし、紀州家は麻布飯倉に引越しました
その飯倉に徳川頼倫によって建てられた西洋式図書館が南葵文庫(明治32年)です
 
大正12年関東大震災で東京帝国大学図書館が壊滅的被害を受けた時に、復興のために南葵文庫の蔵書は全て寄贈され、大正13年に南葵文庫は閉鎖されました
 
南葵文庫の裏手にあった一畳敷の茶室は、現在、三鷹の国際基督教大学に「高風居」として移築されて残っています
 
南葵文庫の建物の一部は、当時の紀州徳川家の大磯の別邸に移築され、その時に徳川頼貞によってVILLA DEL SOLと命名され別邸とされました
 
その後、この別邸は野村徳七(旧野村財閥、現在の野村證券の始まり)の手に移りましたが、昭和50年に老朽化が進み、取り壊されるところを、熱海の温泉旅館「蓬莱」の古谷女将によって、大変な努力の末に昭和62年に旅館の別館として移築復元されました
 
復元の前と、復元竣工の時に、女将さんを中心に再建にかかわった方たちで長保寺をご参拝いただきました
 
高級ホテルとして営業を継続し、去年には国の「登録有形文化財」に指定されましたが、現在、星野リゾートグループになり、改めて利用継続されていて、皆様もご宿泊いただけます
 
 
 
 
 

 

入り口の外観
 

創建当時の雰囲気を残したロビー

食器にも三鍬形紋(大倉陶園製)
 
すぐ近くに1300年前に発見された、熱海の源泉があります
 
 
19th November 2013
 
 

 
紀州徳川家の事跡は、今では、知る人が少なくなった
これは、実は、明治政府の徳川潰し政策のためであり、薩長閥の多い旧自民党政権でも、それは受け継がれました
このBlogでも書けないような話も多い・・・

明治新政府は、徳川家と戦争をしたわけで、憎しみこそあれ親しみは感じなかったであろうから、無理からぬことです
明治になって、新政府が最も恐れたのは、徳川とその係累の復活だったと言ってよいでしょう
徳川時代の土台があればこその日本国、なのですから

ま、今では、昔話になりました

長保寺は、西暦1000年、一条天皇の勅願で始まりましたら、徳川家が建立した寺というわけではありません
それでも、背面の山を利用した1万坪の紀州家の御廟所があり、位牌をお預かりし、菩提寺となりましたから、徳川の栄枯盛衰と運命をともにすることになりました

明治維新からもう150年になろうとしているわけで、そろそろ、次の時代の話題に切り替わる時でしょう

さて

紀州家は、明治になってから、その蔵書を南葵文庫 という図書館を建てて保管しておりましたが、その蔵書をすべて東京大学に寄贈し、建物は、今は熱海の瀟洒なホテルとして生まれ変わっています

南葵文庫
震災の翌月18日、いち早く侯爵徳川頼倫から古在総長に寄贈の申出がなされた南葵文庫蔵書 25330部、96101冊。質量ともに本館蔵書の根幹をなすもの。

VILLA DELL SOL

玄関の上で、紀州徳川家初代藩主の南龍公の馬印である三鍬形文が迎える
 

紀州徳川侯爵家が明治32年に東京・麻布飯倉に、日本で初の西洋式個人図書館「南葵文庫」として建てたもの。その後、取り壊される運命だったのを、伊豆山の旅館『蓬莱』がこの地へ移築。当時の雰囲気をそのまま守りながら、約7年もの歳月をかけて完全なかたちで復元した高級リゾートホテル。
現在は、星野リゾートが経営しています。
VILLA DEL SOL