長保寺は長保2年(1000)、一条天皇の勅願をうけて性空上人により創建されたと伝えられています。一条天皇には定子様と彰子様のお二人の皇后がありましたが、定子皇后のお付きの女官が「枕草子」を書いた清少納言、彰子皇后のお付きの女官が「源氏物語」を書いた紫式部です。ですから、これらの文学作品は一条天皇の長保時代の宮廷生活を題材にして描かれています。長保時代は、平安貴族社会が頂点に達した時代であるのです。また、長保寺が創建された長保2年に定子皇后がお亡くなりになっています。長保という年号を名乗る寺の建立は、一条天皇にとって特別の意味があったに違いありません。 本堂(1311)、多宝塔(1357)、大門(1388)、鎮守堂(1295)といった主要なお堂は鎌倉時代に至り再建されたものです。長保寺は天台宗として創建されましたが、その後、法相、天台と変わり、現在あるお堂が再建されたころは真言宗のお寺でした。仁和寺から印玄という僧が来て本堂の再建を指導しています。 寛文六年(1666)に紀州徳川家初代藩主頼宣により菩提寺に定められました。その時に、頼宣と天海僧正の約束により天台宗に改められました。江戸時代に、本堂背後の山の斜面に広大な藩主廟所が造営されました。「周囲が山に囲まれ要害堅固である」という頼宣の言葉が残されおり、万が一の時の陣地として利用することを考えていた様です。

 



 

人気コーナー

図解 般若心経

癒される瞑想

吉宗ものしり帖

徳川吉宗が享保元年(1716年)に徳川幕府の将軍に就任してから2016年で300年になります

 

 
長保寺の紹介
本堂・塔・大門とそろって国宝である寺は奈良の法隆寺と長保寺だけです
藩主墓所は日本一の規模です

CHOHOJI DHARMA HALL

長保寺の法宝  仏画と経典を専門家の解説でご紹介します
仏教聖地巡拝紀行インド、ネパール、タイ 仏教聖地巡拝  写真紀行
長保寺と紀州徳川家
紀州徳川家紀州徳川家歴代藩主の奉納品や各種の歴史資料などをご紹介します
歴史の散歩道長保寺に残されている古い写真をご紹介します


大きな地図で見る

Youtubeチャンネル

Youtubeによる文化財案内

Youtubeによる行事の案内

仏前結婚式国宝本堂での結婚式承ります

台宗法蔵

経典のテキストデータと解説

画像ライブラリー

各種VIDEO、 印刷用高品質画像はこちらにあります

WEB PILGRIMAGE

ネット巡礼リンク集

チーとクーのiもんどう
IT Meditation

iモード用ページ 携帯でもご覧になれます

 

長保寺霊園 募集中