勧善懲悪


 
おおまかに言って

小乗仏教(上座仏教)、我執を取り去る、懲悪
大乗仏教(日本仏教)、善いことを勧める、勧善、と整理することができます

上座仏教は懲悪を重視するので、戒律を重視し
大乗仏教は勧善を重視するので、読経・念仏・題目・真言を重視します

お経などの「意味」は、つまりは脳内世界ですから、あまりこだわっても自我にとらわれる世界から抜けだせません

禅宗には、「不立文字」という言葉がありますが、同じ意味で使われていると言えます