心経手文(漢訳と比較)

 

心経手文(しんぎょうてぶみ)

 

YouTube心経手文再生リスト

 

心経は漢訳経典だけだと、短いお経ですので、何を言いたいのかよくわからない部分が多々あります。現代仏教学に、サンスクリット訳、チベット訳での知見があることは承知していますが、特に心経では、短かすぎるために、逐語的な解釈ではどうしても文脈がたどりづらくなります。
そのため、ひとつのストーリーとして成立するように配慮して、思い切った意訳をした部分があります。
もとより、果分不可説で、経典の真意はとらえ難いものなのですが、今のところの一つの了解ということです。

 

長保寺蔵 隅寺心経 奈良時代

 

心経

仏の教えの要(かなめ)となる経典

 

観自在菩薩行深般若波羅蜜多時

観ること自在なる菩薩が、深く般若波羅蜜(向こう岸に至る智慧)を行じたまいし時

照見五蘊皆空。度一切苦厄

五蘊(色蘊・物質、受・感受作用、想・表象作用、行・意志作用、識・認識作用)は皆、空なりと照らし見て、一切の苦(苦痛)と厄(災害や事故)を度(解決)したまいき

 

なにものにも囚われることなく、自在に考えることのできる修行者は

深く「智恵の修業」を行う時

感じられている世界はすべて、その本来の姿をとらえることはできないのだと覚知して

すべての苦しみと災いから救われる

 

舎利子

舎利子(智慧第一のシャリープトラ)よ

色不異空。空不異色

色(物質として感受されるもの)は空に異ならず。空は色に異ならず

色即是空。空即是色

色はすなわちこれ空。空はすなわちこれ色

受想行識亦復如是

(感受作用、表象作用、意志作用、認識作用の)受想行識もまたかくの如し

 

深き智恵の修行者よ

脳内の世界は、外界として感じられている世界を作り出している

外界として感じられている世界は、感覚器官が脳内に作り出した世界である

脳内に作り出された世界が、外界として感じられる前の世界と等しければ

感じられる前の世界と、脳内の世界は等しい

脳内の世界のすべては、感じられる前の世界とつながっている

 

舎利子

舎利子(智慧第一のシャリープトラ)よ

是諸法空相

この(物質として感受されるもの)、感受作用、表象作用、意志作用、認識作用の五蘊の)諸法は空を相とし

不生不滅不垢不浄不増不減

生ぜず、滅せず、垢つかず、浄からず、増さず、減らず

 

深き智恵の修行者よ

感じられる前の世界は、その本来の姿をとらえることはできない

生ぜず滅せず、汚くも美しくもなく、増えもせず減りもしない

 

是故空中

このゆえに、空の中には

無色。無受想行識

(五蘊である)色無く、受想行識無く

無眼耳鼻舌身意

(五蘊を生じさせる)眼耳鼻舌身意無く

無色声香味触法

(五蘊によって生じる)色声香味触法無し

無眼界。乃至。無意識界

(したがって)眼界も無く、(耳界、鼻界、舌界、身界)ないし意識界も無く

無無明亦無無明尽。乃至。無老死亦無老死尽

(十二因縁の)無明も無く、無明の尽きることも無く、(行も無く、行の尽きることも無く、識も無く、識の尽きることも無く、名色も無く、名識の尽きることも無く、六処も無く、六処の尽きることも無く、触も無く、触の尽きることも無く、受も無く、受の尽きることも無く、愛も無く、愛の尽きることも無く、取も無く、取の尽きることも無く、有も無く、有の尽きることも無く、生も無く、生の尽きることも無く、)ないし、老死も無く、老死の尽きることも無く

無苦集滅道

(四聖諦の)苦集滅道も無く

無智亦無得無所得

智も無く、また、得たものも、得るものもない

 

それゆえに、感じられる前の世界には

感覚器官は無く、感覚器官によって作られた世界はなく

無明は無く、無明が尽きるということは無く

老いや死は無く、老いと死が尽きるということは無く

苦、苦の原因、苦を滅する方法の実体は無く

智恵は無く、何か得たものは無く、何かを得るということは無い

 

菩提薩埵

ゆえに菩提薩埵よ

依般若波羅蜜多。故心無罣礙

般若波羅蜜多(向こう岸に至る智慧)によるが故に心に罣礙(障げ覆うもの)無し

無罣礙。故無有恐怖

罣礙(障げ覆うもの)無きが故に恐怖あること無し

遠離一切顛倒夢想。究竟涅槃

遠く一切の顛倒した夢想を離れ、涅槃を究竟す(涅槃に行き着く)

 

ゆえに、道を行く修行者は、「智恵の修業」によって

これらの、心に妨げとなるものが無くなり

妨げとなるものが無くなるので、恐れも無い

一切の顛倒した夢想から目覚め、涅槃に到達する

 

三世諸仏

(過去、現在、未来の)三世の諸仏(諸々の全ての仏)は

依般若波羅蜜多。故得阿耨多羅三藐三菩提

般若波羅蜜多(向こう岸に至る智慧)によるが故に、阿耨多羅三藐三菩提(無上正等正覚、無上にして正しい覚りに正に等しきもの)を得たまいし

 

過去現在未来の諸仏も「智恵の修業」によって無上正等正覚を得た

 

故知。般若波羅蜜多

故に知る、般若波羅蜜多(向こう岸に至る智慧)は

是大神呪。是大明呪。是無上呪。是無等等呪

是れ大神呪なり。是れ大明呪なり。是れ無上呪なり。是れ無等等呪なり

能除一切苦

よく一切の苦を除き

真実不虚

真実にして虚にあらず

 

ゆえに、「智恵の修業」は

おおいなる神の咒であり、おおいなる明らかな咒であり

無上の咒であり、比類なき咒であると知れ

一切の苦を取り除くことができ、真実であり虚妄ではない

 

故説般若波羅蜜多咒

ゆえに般若波羅蜜多(向こう岸に至る智慧)の咒を説く

即説咒曰

すなわち咒を説いていわく

 

ゆえに、「智恵の修業」の咒をここに説く

すなわち咒にいわく

 

羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶

ギャーテーギャーテー、ハーラーギャーテー、ハラソウギャーテー、ボージソワカ

 

Gate gate pāragate pārasaṃgate bodhi svāhā

行ける者よ、行ける者よ、目指すべきところへ行ける者よ

目指すべきところへ正しく行ける者よ、目覚めに栄あれ

 

 

 

心経玄談
図解 般若心経

長保寺のホームページ