仏があなたを信じている


国宝長保寺多宝塔 金剛界大日如来
 
 
普通、宗教というと、「神を信じろ」と、あなたが何かを信じることを求めるわけですけれど、基本、仏教はそういう構造にはなっていません
 
釈迦如来、阿弥陀如来、薬師如来、大日如来、など「如来」ですね
「来たるが如し」で、来るんです
行くのじゃありません
 
念仏や密教の加持などが該当するかと思いますけど
自己努力は、一応求められますが、仏は、来てくれるんです

 
阿弥陀三尊来迎図 江戸時代
長保寺蔵
 
 
あなたが仏を信じるのではなくて、仏があなたを信じているのです
今、この時も 
 
経典の根拠を、いちおう出しときますが

 毎自作是念 如何令衆生 得入無上道 速成就仏身

つねに自らこの念をなす 何をもってか衆生をして 無上道に入らしめ 速やかに仏身を成就するかと(法華経如来寿量品)

これは、破地獄偈とも言って、地獄の苦悩すら打ち破る力のある経文とされています
仏が、誰に頼まれたわけでもなく「つねに自らこの念をなす」で、自らいつも念じているのです

つまり、「如来」ですから、来るんです