世界の一部しか感じていない


 

単純な図ですが、この図を理解することで、瞑想の仕組みを理解することができます

感覚器官を通じて世界を認識する時、世界の全てを感じるわけではありません
常に、世界の一部しか感じていないのです

世界の一部を感じることによって脳内に形成された認識を「脳内世界」と呼ぶことにします
「全て」の一部分を感じています

世界の一部を感じる時、生きていくのに必要なことが最優先されます
それが、脳の仕組みです

目を閉じても、耳を塞いでも、世界はそこにあります
その世界は、「脳内世界」とは違って、全てがある世界です
見えていない世界に全てがあるのです